モルディブは素晴らしかったけど、やっぱりやらかしたパートナー


3年交際した彼とついに結婚をすることになりました。これまで私は何度も海外旅行に行っていましたので、新婚旅行はのんびりとした南の島に行きたいと考えていました。彼の方は海外旅行の経験はあまりなく、できれば、都市部に行きたいと思っていたのですけど、強く私が希望したことと、新婚旅行の費用は私の実家が負担することになっていたので、私の意見をもとに、モルジブにしました。

ただ、飛行機の都合と、費用の問題、お土産の問題もあって、モルジブの帰りにアラブ首長国連邦による、というプランにしました。旅行に出かけたのは、2015年の11月、4泊7日のプランで、そのうち、最後の1泊はドバイに宿泊をしました。

費用は二人で合計約100万円でした。お互い仕事をしていた関係で、休みの取りやすい時期を選び、結婚式を終えて、1か月以上たってからの出発でした。モルジブにはいろんな島があり、その島ごとにホテルもあって、そのなかでもツアー会社がお勧めの、海の上に浮かぶコテージのホテルを選びました。

ルンルンで二人で旅行の準備をして、さあ、出発です。飛行機を乗り継いで、モルジブの首都、マレにある空港に到着し、そこからさらに小型の船を乗り継ぎ、ようやく宿泊する島・ホテルに到着しました。ようやくホテルに着いたぞ、と思い、スーツケースを空けようとすると、鍵がないんです。

誰が管理していたか、というと、彼です。彼に預けたときから一抹の不安があったのですが、そうはいっても、あなたは物の管理ができないでしょ、だから、私に預けて、とはいえず、そのまままかせていましたが、やっぱりやらかしてくれました。結局1時間以上、鍵を探しまくり、でも、当然なく、今度は、ホテルの従業員の人に、工具を借りて、なんとかスーツケースを空けようとしましたが、開けることはできず、でした。

彼としては、大事なスーツケースだったようですけど、私からいうとたいしたことのないスーツケースでしたので、早々に鍵を壊せば、と提案しましたが、これも納得せず、必死になって鍵をあけようとしていましたが、最終的には無理、となり、結局ホテルに到着して、2時間以上、スーツケースと格闘し、鍵を壊して開けることができました。

そんな前途多難な新婚旅行となりましたが、そこからは素晴らしいモルジブでの滞在となりました。いろんな国の海を見てきましたが、この国の海は、最高に美しかったです。滞在中ずっと天気がよく、服装としては、海のリゾート地ですので、軽装で過ごしました。常に水着を着ている、といった状態とでもいえばいいでしょうか。短パンやTシャツを中心とした服装で過ごしました。ただ、冷房は結構強くきいていましたので、調節の上着は必需品です。

また、現地では、私としてはスキューバーダイビングがしたかったのですが、これも彼はできない人で、現地に行ってから、それを言うか、と思いつつ、最終的に彼の希望のシュノーケリングにしたのですが、これも失敗。なぜなら、海の中にもぐりたかったので、ラッシュガードなどの重装備はしておらず、気が付いてみると、もう体は真っ赤になっていて、とんどもないやけど状態でした。ちょっとテンションが下がりましたが、それでも、美しい海の見えるコテージでの休日を楽しむことができました。

モルディブでは、ココナッツを使った料理やツナを使ったお料理が出てきましたが、特段、可もなく不可もなく、というところでした。ココナッツがあまり得意ではなかったからかもしれません。ツナを使ったお料理はそれなりにおいしくいただけました。

楽しかった旅行もあっという間に終わり、最後はドバイに移動して、ドバイで、新婚旅行のお土産を調達しました。というのも、モルディブでは、新婚旅行のお土産として、あまり適したものがなかったので、ドバイでいろんなものを購入しました。ドバイでは、砂漠のサファリツアーや、ドバイ市内観光などを一緒に楽しみ、楽しかった旅行も終わり、無事帰国しました。/女性、28歳

関連記事

モルディブ

新婚旅行はやっぱりモルディブ!?そこそこ安いシックスセンシズラーム

まさに楽園!モルディブの太陽と青い海の中で過ごした最高の新婚旅行